お前たちが使っているのは俺の金だ

お金

うちの旦那がこんなことを言いました。「お前たちの使っているのは俺の金だ」その発端となったのは、旦那がクレジットカードを自由に好き勝手に使うので、支払いするために貯金を下ろさなければならなくなったことからです。

家計の管理は私がやっていて、旦那にはおこずかいを渡しています。子供3人いるので教育費、食費に毎月お金がかかるので、なるべくおこづかい内でやりくりして欲しいことを伝えていますが、どうしてもクレジットカードを使ってしまいます。

このクレジットカードは、夏に高速道路で出かけるにあたりETCカードを発行するために作った年会費無料のクレジットカードです。そのとき旦那はかっこいいクレジットカードが良いといって私の話を聞きませんでした。

かっこいい!年会費無料おすすめETCカード(クレジットカード)

年会費無料のクレジットカード・ETCカードなので、旦那に持たせておいてもいいだろうと思っていたのが間違いでした。

特に出張に行ったときは、会社負担されるはずのホテル代をカード精算してきて、会社から払い戻されたホテル代は自分の懐に入れてしまうのです。

さすがに会社負担のものを家計から支払いするのに納得いかなかったですし、毎月のカード支払いのために頭を悩ませていたのでクレカは自由に使ってもらうのは困る、そんなに自由に使えるお金はないと言いました。

すると「お前たちが使っているのは俺の金だ」「自分で働いた金を自由に使って当然だ」と言い出したのです。自分の旦那ですが「この人アホなの?」と本気で思ってしまいました。確かに生活費は旦那が働いたお金です。一家の大黒柱ですから、旦那の給料がなければ生活できません。

家族のことを考えてほしい

旦那には私をはじめとして3人の息子がいます。結婚して家族を作るということは、自分ややしなってしかないといけないと思うのですがどうやらうちの旦那はそれを甘くみていたんだと思います。正直私も悔しくなってしまったので、こんなアホの旦那のために毎月の家計を考えて生活していたことがバカらしくなってしまい、

「すみませんね、金食い虫で。私も子供たちも勝手にあんたの金を使って生活しててすみませんね。」

「そういうことを言うなら、もう私は家計の管理をしません。子供たちの将来の教育費のことも含めて全部自分で管理したら?」

「家事はするけど買い物は全部あんたに任せるは。あんなが買ってきたものだけで生活するから自分のお金好きに使ったらいいよ」

「そのせいで、子供の教育費がどうのってなっても私は知りません」

と言ってやりました。

反省すると思いきや、かなり不機嫌になり「毎月のこずかいじゃない。あれは俺の金だ」とさらに言い始めました。変なプライドがあるんじゃないですかね。おこずかいじゃなく俺の金だということらしいです。

本当にアホです。結局、自分で管理することなんて出来っこなく、通帳と印鑑を渡したけど返されました。これからどうするのか知りませんが、私も息子もお荷物扱いされたので、腹が立ちます。こんな旦那だとは思わなかった。残念です。

保存

保存

保存

保存