果たしてハロウィンという行事は根付くのか

10月の末の時期、日本でハロウィンが騒がれるようになってしばらくたちます。昔はこの時期でも特にハロウィンで盛り上がる、といったことはありませんでした。「アメリカではこの時期、ハロウィンという日本のお盆のような行事が行われ、子供たちはお化けの格好をし、近所の人たちからいろんなお菓子をもらいました。」と、ニュースでその様子を聞くだけでした。

日本でいうところのお盆のはずなのに、アメリカでは随分と楽しそうにするもんだなぁ、と子供心ながらに感じていました。そのハロウィンが日本にやってくると、騒いでいるのは主に若者たち。好きな格好に仮装して街に繰り出し、どんちゃん騒ぎをします。それはそれで楽しそうでいいのですが、果たして日本にこのハロウィンという行事が本当に根付くのでしょうか。

ハロウィンの楽しみ方

ハロウィンの楽しみ方というと、仮装です。仮装して楽しそうにするのはいいけれど、そもそも友達がいなくては楽しむことができません。友達がいたうえで、楽しく騒ぐ場所も必要です。田舎ではそのような場所は限られていることでしょう。友達がいない人にとっては、他人が楽しそうに騒いでいるのをただ見るだけです。

クリスマスであれば、自分にご褒美とプレゼントを買おうという気にもなるかもしれません。友達と騒がなくても恋人がいれば問題なく、楽しく過ごしても恋人と部屋で過ごしてもOKです。イエスキリストの誕生を祝う、という大義名分のもと、自分たちの過ごしたいように過ごすことができますが、ハロウィンはそういった大義名分もなく、ただ「仮装して騒ぐ日」というだけの日になっている気がします。

クリスマスとの違い

それだけの日、というだけで、果たして今後クリスマスのようにずっとイベントとして盛り上がることになるのでしょうかね。もう1つ、ハロウィンでは子供がお菓子をもらいます。アメリカでは昔からの伝統でそのような行動を取るのだと思いますが、日本では、特に昨今だと、たとえ知っている大人だったとしてもお菓子をむやみにもらって食べてはいけませんという風潮が強いです。

昔の日本ではよく見られた光景だったかもわかりませんが、現在では様々な事件などを考慮して、子を持つ親御さんは子を守るリスク管理の一つとして、むやみにもらった食べ物を口にしない、という事をしている家庭も多いと思います。そういった日本の現状・背景を考えると、本当にハロウィンは行事として日本にあっている行事なのか、どうなのかな?と、考えさせられてしまいます。

年会費無料で作ったクレジットカード・ETCカードが命取りに

保存