ベッドが壊れた…だか彼は甦る!

ベッドが壊れたぁ~。壊れたのはベッドの床の部分です。床といっても、ベッドを置いている床ではなく、布団を乗せる床(板?)のこと。なんだか最近は布団を敷いていても「なんだかへこんでる?」という状態でした。

敷き布団を下ろすと、布が縫い付けられた正方形の板があるのですが、その上(頭)側の板が、「…?でこぼこしてる」状況です。はっきりいって、今にもその箇所から折れそう、そんな感じかな。隆起しているところを押してみるが、まったく動く気配がない。自分なりに色々試してみるけど、まったく改善しそうにありません。

思いきって、その板の布地をカッターで裂いてみました。中の板は木材というより、樹脂製の様に見えますが、樹脂とも違う感じです。そして問題の場所ですが、折れてました、折れた箇所はへこみ、周辺は膨らんでいるという、意味不明な状態でした。

もう自分ではどうにも出来ません、しかしベッドを新しく買う余裕はない、ホームセンターに行けばベッドの板でも売っているのだろうか?そんな思案をしていました。取り敢えずこの板は使えない、どかすか、と、ベッドから外すことにしました。

板は簡単に外すことが出来、板を外したベッドを眺めると、そこにまったく同じ板があります。頭の中は「?」が浮かびます。「このベッドの板は二枚重ねなのか?」と不思議に思っていると、ある思い出がフラッシュバック。実はこのベッド、元々は二段ベッドだったんです。

といっても二人で寝ていた訳ではありません。ベッドの上段を物置きに使っていました。ベッドを買うときに、ベッドを置くとその上空間は使えなくなる→スペースがもったいない→二段ベッドにすれば空間を有効利用できる!

当時はグッドアイデアだと思いましたよ、でも使い勝手が悪く、すぐにごみ置き場になり、ベッドの上段を撤去することにしました。その際ベッドの床板だけは残し、下段のベッドの床板と二枚重ねに…。しかし、年月の経過で、そんなことは忘れ去っていました。何故重ねたのか、その理由は思い出せませんが、彼は任務を全うしましたね。

二段ベッド通販

保存